【年収が上がらない 】日本人サラリーマンは『先進国で最低レベル』 な件。

【年収が上がらない 】日本人サラリーマンは『先進国で最低レベル』 な件。

Advertisement

「給料上がらない、、、」
「日本には未来がない、、、」
「いい仕事が見つからない、、、」

と悩んだり、嘆いたりしてませんか?


たしかに、現代社会は格差が広がるいっぽうで、不安になる要素が多いですよね。


しかしフタを開けると、給与を上げることはカンタンで、いい仕事にもつけることがわかります。


なぜなら、”日本であればライバルがほぼいない”といっても、ウソではないからです。


会社に高く評価されている人は、わかりきっていることなので読みとばしてもらってかまいません。


ではまず、こちらの調査結果をみてください。

日本人サラリーマンの仕事への熱意

6%



突然ですが、この数字は何をあらわしているでしょうか?


2017年 米ギャラップ社が、世界各国の1300万人のビジネスパーソンを対象に「社員の仕事への熱意度調査」を実施しました。


その調査結果で、日本企業では「熱意あふれる社員」の割合が、たったの6%ということがわかっています。


ちなみに、定義はこちら↓

①仕事への熱意あふれる社員 (Engaged)
やる気にあふれ、会社への貢献度も高い。ビジネスをより発展させる。

②仕事へのやる気が低い社員 (Not Engaged)
仕事に情熱やエネルギーをそそがず、誰でもできるような仕事を日々こなす。

③周囲に不満を撒き散らす社員(Actively Disengaged)
やる気がないだけでなく、やる気のある同僚の足を引っ張る。

 

さらに日本のデータをみてましょう。

 

  • 「やる気のない社員」
    → 70%

  • 「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」
    → 24% 
    ※企業内に諸問題を生む

つまり、日本人サラリーマンの94%が仕事にやる気がない、もしくは会社の足を引っぱっているんですね。


よく、ビジネスでは「パレートの法則(80対20)」が用いられますが、20%も満たないとは絶望的な数字です。

ちょっと、いじわるな質問をします。

もし、あなたが経営者なら「やる気のある社員」と「やる気のない社員」どちらにお願いしますか?

  • 新しい企画、ビジネスチャンス
  • 仕事の悩みや相談
  • 顧客や関係者に紹介 他


間違っても「やる気のない社員」なんて選びませんよね。


そもそも、平等に候補を求めたところで「やる気のない社員」は反応しません。


これでは、チャンスがつかめないどころか、自ら手放しているので評価される実績が残りません。


あなたが、「給料が上がらない」と悩んでいるのであれば、まず「6%」側にいるのか考えてみてください。

『先進国』では最低レベル

この調査結果によると、日本は139カ国中132位と最低クラス。


とても先進国の結果とは思えません。


米国では「熱意あふれる社員」の割合が32%ですので、いかに日本人サラリーマンが「やる気」ないかがわかります。(5分の1、、、)


でもこういった状況は、日本人サラリーマンの個人の「やる気」の問題だけではなく、企業にとっても大きな課題です。


社員のことちゃんと見てる企業どれだけありますかね?


現に、2019年 英HSBCホールディングスが発表した「外国人が働きたい国ランキング」で、日本は調査対象33カ国中32位と、ワースト2となっています。


日本は先進国であるにかかわらず、タイ、マレーシア、ベトナム、そして中国にも劣るという結果になっているのです。

 

Advertisement

勉強しない日本人

2016年 OECD(世界各国の学習に関する調査)で、25歳以上の日本人が熱心に勉強しているのは4.6%という結果が出ました。


95.4%の社会人が勉強してないとはヤバすぎ、、、格差が生まれて当然、、、。


ちなみに世界平均は37.4%で、もっとも勉強している国はスウェーデンで54.2%


今回のとりあげたギャラップ社の結果と、たいへんよく似た数値じゃありませんか?


もちろん、結果や成果が出ていれば「やる気」はなくとも会社はそれほど問題としないでしょう。


しかし、世界諸国から見た日本人サラリーマンは、「勉強もしないし、やる気もないのに給料上げろ」という珍人種です。

まとめ

企業は、時代のニーズに対応するために「やる気のないベテラン」より、「やる気のある新人」に投資するすることも当たり前になってきました。


終身雇用や年功序列も崩壊しはじめ、さらに実力主義の社会になります。


その一方で、チャンスが平等に与えられようになっていることも事実です。


そんな中、94%以上の人は「勉強もしないし、やる気もない」人たちです。


普通に考えて、日本ではヌルゲーですよね?


フタを開けると、給与を上げることはカンタンで、いい仕事にもつけることがわかりましたよね?


なぜなら、”日本であればライバルがほぼいない”といっても、ウソではないからです。

 

くらしと仕事をワンランク上にしていきましょう。
以上、YAKUMOでしたー

 

キャリア・転職カテゴリの最新記事