【事実】30代でIT業界に転職した話|給料が◯◯になりました。

【事実】30代でIT業界に転職した話|給料が◯◯になりました。

私は、まったくの未経験から32歳でIT業界に転職しました。

「IT業界に興味がある」「IT業界に転職したばかり」の方は気になると思うので、ありのままの事実を3つの視点からお話します。

【30代】未経験からの転職はキビしい。でも、無理じゃない。

私は、8社ほど受けて5社は書類選考すら通りませんでした。

残りの3社は面接をして、内定をもらえたのが2社。率直に、「30代、業界未経験者」の転職は厳しいと思います。

しかし、諦めることはありません。そもそも企業は、未経験の応募者に対して技術力は求めてないので、見られているところは別にあります

安心してください。IT=プログラミングではない。

IT業界というと、「プログラミングのスキルが必要」とイメージを持つ方が多いと思いますが、正解でも有り不正解です。(もちろん、出来るに越したことはありません。)

他の業界と同じように、人との関わりがあるので「ヒューマンスキル」も必要とされますし、ヒト・モノ・カネを管理する「マネジメントスキル」も必要とされます。

30代で未経験の方でも、これまでの仕事で培った経験が活きるので、充分アピールポイントになるのです。

実際、「技術力はあるけとコミュニケーション能力が低い人が多い」、「マネジメント能力の高い人材が足りない」ことは、業界全体として問題視にされているほどです。

転職して収入が半減したけど、2年で前職の収入を超えた話

ようやく入ったIT業界でしたが、同期が20代半ばの子ばかり。

当時は、よく分からないハンデを感じていました。給与も35万→18万と前職の約半分になったので、メンタルは結構きつかったです。

とはいえ、スキル主義の業界なので、やることはいたってシンプル。

「スキルを身につける、活かす、結果を出す」だけです。

私の場合ですが、資格の取得や、プログラミングの勉強で積極的にインプットして、前職で培ったマネジメントスキルを活かしながら常に成果を出せるよう心がけていました。

その結果、業界2年目で月給36万、当時は前職の給与を超える事ができた事が本当に嬉しかったです。

まわりでは昇給してない人もいました。スキルを常に磨いていける方は、IT業界に向いています。

まとめ

未経験の30代で、IT業界転職は難しいけど無理ではない。

これまでの経験を活かして、インプットとアウトプットを続ければ結果は必ずついてくる。

今後も伸び続ける業界であることは間違いないので、興味のある方は参考にしてみて下さい。

キャリア・転職カテゴリの最新記事