【C言語入門】§1-1 文字表示と改行

C言語入門
スポンサーリンク

C言語の基本中のキホンとなる「文字表示」を学習しましょう。
そして、合わせて覚えてほしい「改行」テクニックを紹介します。

それでは、はじめましょう!

スポンサーリンク

超定番、「hello,world」を表示させよう

まずは、このソースコードを打ち込んでもらいますが、2つの注意点があります。

C言語では、大文字と小文字」「全角と半角」は区別されるので、書いてあるとおりに入力してください。

(「\(バックスラッシュ)」は、Windowsの「\(円マーク)」と同意味です。)

コンパイル後、正常に実行すれば「hello,world」と表示します。

※エラーが出た場合は、2つの注意点と、コマンドに間違いがないか確認して下さい。

スポンサーリンク

【解説1】C言語プログラミングのおまじない

この色付き部分は毎回書くので、そのうち手が覚えるでしょう。

詳しくは別解説しますが、今は「C言語プログラミングのおまじない」ぐらいの認識して問題ありません。

【解説2】Printf(プリントエフ)で文字表示

printfは、C言語で用意してある関数です。( 末尾のfは、format(書式)に由来 )
printf関数の()の中にある、ダブルクオーテーションで囲まれた文字の並びが表示されます。

printf(“ここに表示したいことを書く“);

このときの、文字の並びを文字列リテラルと言います。

【解説3】改行の使い方

次のプログラムを実行して下さい。

ダブルクオーテーションで囲まれた中で、\nを入れると改行が行われます。

このような表記を、拡張表記(エスケープシーケンス)といいます。

次回は、簡単な計算結果を表示させる学習をします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました